HFTとは日本語で高頻度取引と呼ばれ、1秒に満たない1000分の1秒単位のような極めて短い時間の間に、コンピューターでの自動的な株や為替等のやり取り戦略を実施するシステムの事です。

HFTを理解するのにオススメの記事
http://gigazine.net/news/20151214-first-high-frequency-trader/

引用
〜ミリ秒(1000分の1秒)以下という高速で売買を行って小さな利ザヤを得る高頻度取引と呼ばれるもので、いわば「後出しジャンケン」と同じ勝利が約束された方法で巨額の利益を上げることが問題視されるようになっています。
  〜中略〜  
コンピューターが持つ高速な処理能力を活かし、人間の認知能力をはるかに上回るスピードで行われる取引は高頻度取引または超高速取引と呼ばれます。この取引の特徴は単に取引スパンが極端に短いということだけでなく、相場取引の世界ではあり得ないとされた「勝率●●%」を確実なものにするという、魔法のような手法を含んでいるところにあります。  
〜中略〜  
そして今度は、そのようにして手に入れた銘柄に小さな利ザヤをのせて売りに出すことで、利益を確実に手にします。この手法はスカルピングと呼ばれる行為の一種であり、高頻度取引を行うことでいわゆる「後出しジャンケン」を目にもとまらぬ速さで行っているものと言えます。その様子は、相手の手を高速度カメラで判定して自分の手を決めるという勝率●●%の「じゃんけんロボット」と同じと表現されることもあります。


HFTを手がけるvirtueの発表によると5年間、つまり1238日の取引の内、損失が発生したのがたったの1日だったという驚異的な勝率であり損失が発生した原因はヒューマンエラーだったと言います。



投資について知識のある方でしたら既にご存知の事と思いますが、2014年に執筆された『フラッシュ・ボーイズ 10億分の1秒の男たち』でその存在を知った方も多いのではないでしょうか?


アメリカでは過去にこんな事例があります。HFTを開始するにあたり一般と同じ回線スピードでは、他者(ライバル)を出し抜く事が出来ないことから、まずニューヨークとシカゴ間(約1158km)を直線で結ぶ光ファイバーケーブルを通しました。(通常は蛇行しながら引かれる為にケーブルが長くなり、回線速度が遅くなる)これには投資家を集めて数千億円をかけて通したと言われています。(直線距離の土地を買い上げた)そして、その回線を使って荒稼ぎするだけでなく、月数十億円で回線を貸し出す事でも利益を上げたと言われています。

他にも、私達が手動でトレードを行う場合、ブローカーから配信されたレートデータをコンピューターで処理された後でモニターに表示され、その後に目視してから注文をいれますが、コンピューターにレートデータが届いた瞬間にトレードの処理をしてしまう事で、モニターにレートが映る時にはトレードされていると言う状態を作り出し、トレードを高速化させ、さらにこの処理にスーパーコンピューターを利用する事でも

安いレートで買えたり、高いレートで売れたりと言う事は、完全に早い者勝ちになりますから、出来る限り早く売買する為の仕組みがHFTだとお考え下さい。
特にネット上で限定品やタイムセールの商品が取り合いになった場合、最初に商品を注文した人が購入権を得ることが出来るのと同じであり、HFTを使えば誰よりも早く商品を手にする出来る様なものとお考え下さい。


このHFTを使ってFXの取引を行えるとしたら?

↓ ↓ ↓

投資スクール(無料キャンペーン中)