ビックデータを解析する事で株価予想等に高い優位性を見い出し、投資に活用する事が出来ることをご存知でしょうか?
数年前から欧米の大学だけでなく日本の大学でも優位性を示す論文が発表され、ヘッジファンド等では既に活用して利益を出している事が報告されていますから、既にご存知の方も多いかと思います。

ビックデータを活用したトレードは、一般的なEA等で使用されるテクニカル分析でも各国の経済や政策を分析する事で価格を予測するファンダメンタルズ分析でもありません。

主に行動ファイナンス分析と呼ばれる人々の行動を予測して価格を予測すると言うアプローチによりトレードします。

ビックデータの元となるデータは主にリアルタイムの膨大なSNS情報が活用されています。SNSの情報がプロの投資に活用されている事に驚きを感じる方もいるかもしれませんが、個人の単純な価格予想などを活用するだけでなく、文章から感情を読み取り、それを数値化して売買判断を行うモデルなど様々な活用がされています。このビックデータ解析に欠かせないのが解析に使用するAI(人工知能)です。

こう言った近年のテクノロジーの発展により投資環境は着実に変化しています。
特にヘッジファンド等ではAIを使ってトレードする事でトレーダーを大幅に削減する事も話題となっています。しかし、個人でAIを使ってトレードするのにはまだまだ敷居が高いのが現状です。

それでも、ビックデータを使ったトレードは今後活用して行くか否かにより、長期的な資産に大きな差が出て来る事は間違いないでしょう。

↓ ↓ ↓

投資スクール(無料キャンペーン中)